高野山大師教会光寿支部の「合同礼拝」では、高野山参拝・四国巡礼の際に、また、日々の勤行の時に「仏前勤行次第」を用います。

【次第の目次】

 

● 合掌礼拝(がっしょうらいはい)
● 懺悔(さんげ)
● 三帰(さんき)
● 三竟(さんきょう)
● 十善戒(じゅうぜんかい)
● 発菩提心(ほつぼだいしん)
● 三摩耶戒(さんまやかい)
● 開経偈(かいくきょうげ)
●『般若心経(はんにゃしんぎょう)』
● 本尊真言(ほんぞんしんごん)
● 十三仏真言(じゅうさんぶつしんごん)

 

(十三仏)
不動明王・釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・地蔵菩薩・弥勒菩薩・薬師如来・観世音菩薩・勢至菩薩・阿弥陀如来・阿閦如来・大日如来・虚空蔵菩薩

 

● 光明真言(こうみょうしんごん)
● 御宝号(ごほうごう)
● 祈願文(きがんもん)
● 回向(えこう)

 


※ ふりがなが振られ、文字も大きく印刷されていますので、とてもよくやすくお唱えしやすいです。

 

【関連ブログ記事】

 


仏前勤行次第内容

【仏前勤行次第】

 

・三信条
・仏前勤行次第
・三和讃(真言安心和讃・弘法大師和讃・光明真言和讃)
・御詠歌 (金剛・光明・梵音・追弔和讃・相互供養和讃)
・百字偈
・観音経偈
・舎利礼文
・御宝号念誦次第
・食事の作法
・集会の喜び
・宗歌いろは歌

 

(備考)
編輯 :高野山真言宗布教研究所
発行所:高野山真言宗教学部
印刷所:高野山出版社印刷局/高野山