シリーズ 十三仏(第7番目) 薬師如来真言

 シリーズ 十三仏(第7番目) 薬師如来真言

薬師如来 梵名(ヴァイヅールヤ / プラバーサタトハーガタ)

 

別名・薬師瑠璃光如来、また、医王如来、大医王仏。

 

遠く飛鳥時代から現世利益の仏様として信仰され、高貴人の病気平癒を祈念するために造像されています。

 

日光・月光菩薩を脇侍として薬師三尊があり、法護神の十二神将を祭る。

 

病気平癒、身体健全、健康祈願

● 薬師如来 梵名(ヴァイヅールヤ / プラバーサタトハーガタ)

 

オン コロコ センダリ マトウギ ソワカ

 

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

 

※ 真言宗 仏前勤行次第より

 

(参考書籍・一部引用)

 

『梵字手帖』

 

徳山 暉純 (著) 出版社:木耳社; 新版 (2009/10/1)より引用

 

『実修・書写 梵字宝典』

 

下泉全暁, 渡辺俊雄 編著 青山社(平成18)

 

※ 宗派宗門や諸寺院、地域などによって真言や陀羅尼、お経の唱え方や作法などに相違がございます。

悪病、諸病をたちどころに平癒す

悪病、諸病をたちどころに平癒す(濃吠瑠の金色の光、瑠璃光浄土の如来真言)

 

 

薬師如来は東方浄瑠璃浄土にいて、心身の健康、病気を癒やしたり、諸願を成就してくださったり、救いの手を差し延べてくださる仏様です。

 

コロナウイルスが一日も早く終息することを願い、これからも十三仏の真言をたくさんお唱えしてまいりたいです。

 

相互供養、相互礼拝、自利利他

 

生かせいのち

 

南無大師遍照金剛

 

合掌 高野山大師教会光寿支部 事務局

 

 

トップへ戻る