般若心経

般若心経というお経は誠に不思議だ。

 

聞くところによると、文字の数、わずか二六六文字に、六十億四十万字にも及ぶ『大般若波羅蜜多経』(大般若経)六〇〇巻のエッセンスが端的に述べられているという。

 

もろもろの善くないことをつくることなかれ(十悪)

 

あまねく善いことは奉行せよ(十善)

 

自らその意をきよめなさい

 

是れ諸仏が説かれる教えなり

 

布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧(ちえ)の六波羅蜜。

 

心を磨き、魂を浄め、自他共の幸せを願う道、

 

般若心経を唱えながら進むこの遍路の道には、一体何があるのだろうか。

 

なぜ、またこの道を歩きたくなるのだろうか。

 

同行二人

 

南無大師遍照金剛

 

合掌 

 

 

※ 2021年5月29日・30日(四国霊場第1番札所~第11番札所巡礼)

 

高野山大師教会光寿支部活動記録

仏説摩訶般若波羅蜜多心経

 

 

* 四国霊場の各寺院の本堂や大師堂にて、『般若心経』や各真言、御宝号などをお唱えしコロナウイルスの一日も早い終息を願い、祈りを捧げてきました。

トップへ戻る