愛染明王

天宮光啓生き方塾

 

願いが叶うコツやヒント…

 

愛染明王(あいぜんみょうおう)は、不動明王と同じく忿怒の姿をした密教特有の尊格です。

 

お大師様が唐(中国)より請来された『瑜祇経(ゆぎきょう)』に登場される仏様(明王)です。

 

その忿怒(ふんぬ)の御姿は、頭部に獅子冠をかぶり髪を逆立て、六つの臂(ひ)にそれぞれ持物をもち、カッと口を大きく開き、さらに牙をむき出しにしながら、三つの目でキッと睨みつけます。

 

持物は、五鈷杵や五鈷鈴、弓と矢、そして、未敷蓮華、金剛拳を結びます。

 

持物それぞれには深い意味があるとされています。

 

まず、五鈷杵や五鈷鈴が、無病息災、除災招福を、次に、弓と矢は矢文(やぶみ)のように意思の伝達、気持ちや心を伝える。転じて、人との縁を結ぶ、特に、恋愛を成就するなどの意味が。

 

また、未敷蓮華や金剛拳は、女性的なやさしさや、男性的な力強さなどを象徴とされています。お互いに心や気持ちが通い合うことによって、笑顔や挨拶、思い遣りの気持ちや心が育まれ、やがて仏様の慈悲や智恵をさらに授かることができるようになって、その結果、対人関係が円満になって、どんどんと開運していくように。

 

つまり、真言を唱え、仏様へのお祈りを続けていると、私たちが本来持っているやさしい心や、勇気・情熱といった力強い心が仏様の慈悲や智恵によってさらに良い方向へ導かれはじめていく。

 

お祈りを捧げる時に、仏様の持物(仏様が手に持たれているお持ち物)をご覧いただければ、新しい発見が、願いが叶うコツやヒントが見えてくるのかもしれませんね。

 

(注釈)
臂(ひ)とは、肩から手首までの部分。腕のこと。

 

矢文(やぶみ)とは、昔、弓矢を用いた手紙や文書を送る際の手段の一つ。

 

 愛染明王真言

円満解決に導いてくださる仏様!!

 

職場や学校、人間関係の悩み、対人関係のトラブルに関するご相談がいろいろと寄せられます。

 

愛染明王様は、そうした人間関係全般におけるあらゆる悩みやトラブルを円満解決してくださいます。

 

 

※ 真言は不思議なり、真言は聞くだけでも、その種子(梵字)を目にするだけでも、また、真言を聞きながら仏様を心に思い描くことでその功徳(現世利益)をとても得やすくなるとされています。

愛染明王霊場にて

祈りによってお導きを授かる…

 

 

※ これからも愛染明王様の霊場にて祈りの力によって、支部会員さんをはじめ、たくさんの皆様のさらなる幸せを念じてきます。

 愛染明王様のお告げ

片方だけ無くなった靴の意味とは…

 

先日、光寿支部や生き方塾の皆さん方と一緒に朝の勤行をしている夢を見ました。

 

そして、勤行を終えて帰りがけに

 

ある方の靴の片方だけがない、ということになって皆で探しました。

 

すると、どこからともなく愛染明王様があらわれて、

 

真っ白なスポーツシューズをお出しに。

 

そして、「これを履いてお帰りなさい」、と。

 

その後、何かをおっしゃらたのですが……、

 

結局、目が覚めても思い出せませんでした。

 

もしかしたら、新しい靴を購入するか、

 

または、現在お持ちの靴を天気の良い時に洗い、

 

真新しくして、その靴ででかけてみるのもいいのかもしれません。

 

愛染明王様でしたので、ひょっとしたら、新しい素晴らしい縁が広がる方向へ、

 

思いがけないお導きを得れるかも……です。

 

ちなみに、片方の靴が…、
でしたので、人生を一緒に共に歩む、

 

素晴らしいパートナーと出会うのかもですね。

 

Tさん、もし正夢になりましたら…、吉報お待ちしております。

 

 如意輪観音真言(心中心呪)

あらゆる願いが叶う…

 

 

※ YouTube動画へコメント(願いや、願い事)をお寄せくださる皆様方の願いが一日も早く叶いますことをお祈りしております。

 

天宮光啓生き方塾

 

※ 「祈る力」、これからも皆様方がきっと、必ず笑顔に!!

 如意輪観音様がお不動様へと変化なされ…、

やはり強烈なメッセージが秘められていた…

 

本日も午前3時に起床し、今月の護摩祈祷に向けていろいろと準備をおこないました。

 

※ 護摩は、7月22日に開催です。

 

※ 願い札をご依頼くださった方はオンライン(ZOOM)でご参加いただけます。

 


 

開運の秘訣、私がこれまで神仏のお導きをえて、人生が大きく開けたことの一つに、

 

継続すること最後まであきらめずに続けること、があります。

 

失敗したり、順調に事が運ばなかったり、うまくいかなかったり、すると、

 

すぐに止めたり、あきらめてしまいそうに…なります。

 

経験上、途中で投げ出して中途半端にしてしまったことが、

 

やがて迷いの原因となって、六道輪廻するかのように悪循環を生み出してしまうことになりかねません。

 

やはり、初志貫徹、最後までやり遂げようとする姿勢や心構え、考え方が人生を豊かに、

 

大きく開運していく大切な要素となってくるように感じます。

 

今年の4月下旬頃から当方の如意輪観音真言動画へ多数のコメントが寄せられるようになりました。


 

願い事は、心に想い続けていることが大切、

 

すぐに叶わなくても、夢や希望が無くなってしまった訳ではありません。

 

先日、本堂からZOOMをもちいたオンライン悩み相談をおこなっていると、

 

 

如意輪観音様の方から少し甲高い声のような、ある不思議な出来事がございました。

 

そして、如意輪観音様がお不動様へと変化なされ…

 

 

やはり強烈なメッセージが秘められていた…

ひとつハッキリと言えることは、仏様は私たちの身近で、必ず私たちをずっと見守ってくださっておられるということです!!

 

そのことをあらためて強く確信しました!!

 

 

 

昔、チベットやインド、ネパールなどへ巡礼の旅に、仏道修行をしてきた時も同じようなことが。

 

近いうちに、さらに、アッと驚くような物凄いことがどんどんと起きます!!

 

私たちの内には、無限の可能性が秘められています。

 

私ごときの話ですが、高野山で兄弟僧と出会い、その2カ月後には一緒にチベットへ、

 

そして、さらにインド、ネパールなど世界中を巡礼の旅へ、

 

インドでは、チベット仏教カギュ派の最高位の化身ラマ僧 カルマパ第17世に謁見し、

 

さらには、佐々井秀嶺上人にもお会いする好機に恵まれました。

 

また、高野山大師教会光寿支部の設立、並びに、『空海散歩』第6巻、第7巻への寄稿などなど…


 


 


やはり、森羅万象、この世には目に見えない天啓、神仏からのお導きという偉大な力が存在し

 



 


人智を超えた運命という強大な、かつ、不思議な力が大きく作用している…そのように強く感じます。

 

自己の内なる無限の可能性最大限に生かすためにも、

 

善行を積み、三毒や悪しきことから遠く身を離し、常に清浄を意識して神仏の正しいお導きを得ること、

 

そして、前述したように、最後まであきらめずに日々コツコツと精進を続けることがとても大切です。

 

未来とは、日々の積み重ね、

 

今日、今、という一日を、この刹那の時間を決して無駄にすることなく、

 

諸(もろもろ)の悪をなさず、諸の善を行い、自らの心を浄め、

 

是諸仏教(ぜしょぶっきょう)、

 

神仏の声や、お大師様の教えに素直に耳を傾け、心を開き、

 

自分自身をよく内観し、懺悔し、自利利他の菩薩道を励んできたからこそ、

 

今の「自分」がある、

 

報恩謝徳、やはり、如意輪観音真言(心中心呪)には深い意味が、

 

強烈なメッセージが秘められていた。



 

生かせいのち、祈る力…

 

 


南無大師遍照金剛


合掌 高野山大師教会光寿支部 事務局



 

 

※ 只今、願い札(1本500円)の受け付けをしております。

 

※ 当光寿支部の護摩にて神仏との深い仏縁やご縁をたまわり、開運の大きな好機にしていただければ幸いです。

トップへ戻る