運命とは何か…

幸福や不幸の巡り合わせ…

 

最近、四苦八苦という言葉をよく耳にするようになりました。

 

四苦は「生・老・病・死」のことです。そして、八苦とはこの四苦に「愛別離苦」(あいべつりく)・「怨憎会苦」(おんぞうえく)・「求不得苦」(ぐふとっく/ぐふとくく)・「五蘊盛苦」(ごうんじょうく)を合わせたものをいいます。

 

愛別離苦(あいべつりく)とは、親や兄弟姉妹、夫や妻や子供、親類縁者、また、恋人やペットなど愛するものとの別れ(生別や死別)の苦しみ。

 

怨憎会苦(おんぞうえく)とは、怨み憎しむものに出会う苦しみ、求不得苦(ぐふとっく/ぐふとくく)とは、求めているものが得られない、手にすることができない苦しみ。五蘊盛苦(ごうんじょうく)とは、精神や肉体から生じる苦しみ。

 

※五蘊:心身を形成する五つの要素

 

人の悩みや苦しみは個々それぞれによってさまざまです。職場や学校での人間関係のいざこざ、借金のトラブル、また、体が怠い、よく眠れない、眠りが浅い、将来が不安である…

 

幸が薄く、不幸ばかりが続く・・・、不運な運命、不平等な運命のもとに生まれてきた…そのように嘆くことも少なくないように感じます。

 

私もある出来事をきっかけに不幸が立て続けに起こるようになりました。

 

それは、約20年前のアメリカ本土で起きた911(アメリカ同時多発テロ)です。

一念発起

運命は変えられる

 

帰国後、事故や怪我、金銭的なトラブルに巻き込まれたり、体調を崩して病床に臥すことも…、そうした渦中での親友の突然の死。

 

そんな時、ある言葉が思い浮かびました。

 

The destiny of man is in his own soul. (人間の運命は自分の魂の中にある)

 

ヘロドトス : 前五世紀。ギリシャの歴史家。ペルシャ戦争を『歴史』九巻にまとめる。

 

人間の意志をこえて存在する目に見えない力。天の命によって定められているとされる幸福や不幸や、禍福の巡り合わせ、そうした身の上に起きる将来の結果。

 

一念発起、幼少の頃からよく訪れていた高野山や四国霊場へでかけました。

 

そして、高野山では不思議なご縁を授かり、これまで高野山や四国霊場をはじめ、チベットやインド、ネパールなど世界中を巡礼しながら瞑想修行や仏道修行などのをおこなってきました。

 

そうしたさまざまな経験から、やはり「運命は自分の中に、魂の中にある」と強く確信するようになりました。

 

 

※ チベットやインド、ネパールなどでおこなってきたさまざまなタントラ系のヨーガや瞑想法からヒントを得て、真言と陀羅尼をある方法にて組み合わせ作成しました。

 

開運招福・無病息災・身体健全・病気平癒・学業成就・恋愛成就、所願成就・心願成就・諸願成就……などなど

 

陀羅尼が流れている間、願い事を心の中で何度も繰り返しお唱えするようにするのがポイントです。

 

私たちそれぞれの内には、「未知の力(パワー)」が秘められていて、それを発掘し、発揮させることで運命を大きく変化させることが可能に。

 

個人的には、人生を大きく変化させ、開運させる特別な方法、そのヒントが真言(マントラ)だと感じています。

 

お大師様のおっしゃるように、やはり真言は不思議なり、身をもって体験いたしました。

 

不幸は、誰にでも起こることです。

 

したがって、あきらめたり、自暴自棄になったりして望みを自分から放棄することではありません。

 

また、周りの人と自分を比べて卑下したり、落ち込んだり、嫉妬したり妬んだりすることでもありません。

 

なぜなら、私たちはそれぞれに与えられた、それぞれが輝く才能を秘められているからです。

 

合掌

真言(マントラ)の力

運命を変える力

 

前述したように、不幸な運命を変化させることは可能です。迷いを断ち切り、不安な気持ちを少しでもやわらげ、力強く、人生の岐路において強く決意し、決断し、未来をしっかりと見据えることができるようになります。

 

やる気、勇気、元気、忘れかけていた情熱を思い出し、自分をしっかりと見つめ直し、人生を大きく開運させる。

 

そのためにも、そうした好機に恵まれたり、チャンスを授かったり、それらを逃さないためにも仏様との仏縁を日頃から大切にされることをおすすめいたします。

 

経験上、十三仏真言をお唱えすることで人生が大きく導かれました。

 

そこで、どんな時に、どの真言をお唱えすればよいのか、十三仏真言(現世利益)まとめを作成してみましたのでぜひご参考にしていただければ幸いです。

 

十三仏真言

現世利益 / 真言(マントラ)

不動明王 

やる気、勇気、元気を授かりたい時 
ノウマクサンマンダ バザラ ダン センダマカロシャダ ソワタヤ ウンタラタ カンマン

釈迦如来

進むべき道(未来)、進路を知りたい時
ノウマクサンマンダ ボダナン バク

文殊菩薩

迷いから抜け出したい時
オン アラハシャノウ

普賢菩薩

弱気になった時、強く決意したい時
オン サンマヤ サトバン

地蔵菩薩

やり直したい時、修復したい時
オン カカカビ サンマエイ ソワカ

弥勒菩薩

進展、発展させたい時
オン マイタレイヤ ソワカ

薬師如来

心身の痛みをやわらげたい時
オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ

観世音菩薩

淋しい時、切ない時、孤独を感じた時、癒されたい時
オン アロリキャ ソワカ

勢至菩薩

安心感、安堵感に包まれたい時
オン サンザンサク ソワカ

阿弥陀如来

心が折れそうになった時、支えてもらいたい、寄りそってもらいたい気持ちの時
オン アミリタ テイセイ カラ ウン

阿閦如来

心のモヤモヤ、イライラをスッキリとしたい時(沈着冷静)
* 怒りに我を忘れて失敗しないためにも
オン アキシュビヤ ウン

大日如来

人生の岐路に立った時、重要な決断が必要な時
オン アビラウンケン バザラ ダトバン

虚空蔵菩薩

充足、満足、満たされたい気持ちになりたい時
ノウボウ アキャシャキャラバヤ オンアリキャ マリボリ ソワカ

 

※ なお、これらは私がこれまで高野山や四国遍路などをはじめ、また、チベットやインド、ネパールなどの世界各地の巡礼地にて真言をお唱えして

 

運命が大きく変化し、未来が大きく開けました。ただし、個人的に実感したり、感得したものなので現世利益や効果などを保証するものではございませんが、皆さんの力となってくれる心強い真言ばかりです。真言をお唱えされる時の参考にしていただければ幸いです。

 

この世に命を授かり生まれてきたということは、それだけで「千載一遇のチャンス」を授かったということではないでしょうか。

 

■ 法句経

 

人に生まるるは難(かた)く、いま生命(いのち)あるは有難く、世に仏(ほとけ)あるは難(かた)く、仏の教えを聞くは有難し。

 

Hard is birth as man, Hard is the life of mortals,Hard is the hearing of the Sublime Truth, Hard is the appearance of a Buddha.(182)

 

『THE TEACHING OF NBUDDHA』 仏教伝道協会

 


天宮光啓

 

* 如意輪観音真言(心中心呪)運命が大きく変化し、未来が大きく開ける究極の真言(マントラ)

トップへ戻る