開運の鍵を握る運命の人(愛染明王真言)

【運命の鍵を握る人】愛染明王真言 | 人生を大きく開運へと導いてくれる運命の人…

 

はじめに

 

”人間の運命は自分の魂の中にある”ヘロドトスの有名な言葉ですね。

 

私たちは、前世から続く縁によって現世を送り、未来世に向かって進んでいく。

 

その過程でたくさんの「縁」によって誰かと出会う。

 

そこで、愛染明王という「縁」を司る密教の一尊にスポットをあて詳しく解説します。

 

 

愛染明王とは

 

愛染明王は、密教における明王の一尊です。

 

梵名をラーガ・ラージャ、「愛欲の王」といった意味があります。

 

愛欲は、人々の心に生じる強い欲望や強欲、貪欲を指します。

 

恋愛や結婚、復縁、恋人やパートナーへの肉体的な欲求、物質的な執着や精神的な欲望などです。

 

そうした「愛欲」(愛染)を浄化し覚りへと導く明王です。

 

愛染明王

 

浄化された人間の愛欲を尊格化した明王。金剛薩埵が姿を変えた仏とされ、金剛薩埵の17尊を眷属とする。

 

愛欲の激しさを象徴する赤色で、菩提心の堅固を表す燃える日輪を背にし、三目で六臂あるいは四臂、

 

金剛杵と鈴・弓矢・蓮華などをもつ。瑜伽経(ゆぎきょう)に基づいて画かれる。人をひきつけ救済する敬愛法の本尊となる。種子(しゅじ)は吽(うん)時の場合が多い。遺品として彫像に仁和寺像(平安末期)や西大寺像(1247,善円作)がある。愛染曼荼羅(人びとが愛し和合を願う敬愛法の本尊)

 

「愛染明王」. 中村元.『仏教辞典苑』第 二 版. 岩波書店,2002,p.3.

 

愛染明王の霊験・功徳、現世利益とは

 

愛染明王は、恋愛成就や縁結び、復縁、結婚・良縁、出産などに大変ご利益があるとされています。

 

以下のような「功徳」、現世利益(げんぜりやく)を授かるとされています。

 

● 悪病や難病、あらゆる災難を除く

 

● 財運・金運を高め、資産・財産を増やす

 

● 福楽や福徳を授かる

 

● 周囲から尊敬され愛される(敬愛)

 

● 怨敵退散、人間関係を良好へ導く

 

現世利益(げんぜりやく)

 

神仏の恩恵や信仰の功徳(くどく)が、現世における願望の実現として達成されること。

 

「現世利益」. 中村元.『仏教辞典苑』第 二 版. 岩波書店,2002,p.290.

 

人生を大きく開運させてくれる人物、仕事・ビジネス、金運・財運、身体健全、健康や長寿などに資する好人物との縁を導いてくれます。

 

以前、ある不妊治療をされているご夫婦のご依頼で愛染明王真言を100日間連続して唱え、愛染明王の護摩を厳修しました。

 

すると、ある日、ご依頼者から吉報が届きました。

 

愛染明王尊の霊験・功徳は、縁結びとしての男女の縁だけにとどまらず、親子の絆も授けてくださることをあらためて強く実感。

 

また、愛染明王真言には子宝に恵まれる縁(病院や漢方薬、いろいろな方法など)をお導きくださる、そのことも強く確信しました。

 

さらに、運命の人と出会う、開運の重要な鍵を握るキーパーソンと巡り会うための大切な縁も結んでくださいます。


開運の「鍵」を握る運命の人との出会いや巡りあわせは、すべて前世から続く不思議な縁によって…

■ チベットやインド、ネパールをはじめ世界中へ巡礼の旅に

 

2001年のアメリカ同時多発テロを直接経験しました。

 

そのことをきっかけに高野山で出家。

 

その時に出会ったのが、台湾からの留学僧だった兄弟僧(兄弟弟子)です。

 

兄弟僧に導かれ、これまでチベットやインド、ネパールなど世界中を巡礼、仏道修行の旅に。

 

前世からの深い縁・得難い仏縁を感じています。

 

僧侶として今の自分があるのは兄弟僧のおかげです。

 

衷心感谢

 


まとめ

 

愛染明王は、恋愛成就や縁結び、また、病難や災難を逃れる、福徳や財運を増やす、周囲から尊敬され愛される、敵対するものを降伏させるさまざまなご利益(現世利益)があるとされています。

 

金剛合掌を結び、愛染明王の真言を唱えたり、聴いたり、また、種子を観想(心に思い浮かべる)すると、愛染明王の霊験・功徳をさずかります。

 

関連記事・関連動画

 

(関連動画)

 

悪しき縁を断ち切り、いい縁を引き寄せる!!

 

 

 

 

【関連記事】

 

 

愛染明王と仏縁を深めるために、日常で心がけたい5つのポイントとは?!