チベットの聖地ラサ:仏教の秘められた教えと本来の自分と出会う巡礼の旅

チベット回想録(死と再生)

 

何度目かのチベットの旅で、ようやく聖地ラサを訪れることができた。

 

はるか遠くにある。

 

心のどこかにいつもあった。

 

古より伝わる仏教の教え、最後の秘密の教えが今も息づいている。

 

チベットの大地に足を踏み入れた瞬間、電流が全身を駆け抜けた。

 

大きな光のベールに包まれたように感じた。

 

到着後、すぐにある寺院に向かった。

 

堂内はとても薄暗く、線香とバターランプの独特な匂いが入り交じっていた。

 

うっすらと浮かび上がる仏像や、壁一面に描かれた壁画。

 

日常と非日常を区切っているまるでカーテンのような境界線があるように感じた。

 

ラマ僧の読経のマントラが私の体の芯まで響き渡ってきた。

 

多くのラマ僧が目を閉じ、少し体を前後に揺らすようにして瞑想している様子に、

 

私も彼らと同じように目を閉じた。

 

とても穏やかで静かな時間が過ぎた。

 

それは、日常の喧騒を忘れて自分と向き合う貴重な時間となった。

 

普段は気づかない本来の自分の心に触れることで、

 

周りのいろいろなものがまた違ったように見えはじめる。

 

そして、人生がとても色鮮やかに感じ、魂が成長することを知った。

 

この巡礼で学んだことを胸に、謙虚で思いやりのある心を常に持ち続けたい、そう心から願う。

 

いつか再びチベットを訪れたら、

 

本来の自分の心にまた触れ、

 

安らぎと心の平和を祈りたい。

 

この星でともに暮らす生きとし生けるものすべてのために。

 

合掌 天宮光啓