愛染明王真言、愛別離苦、煩悩即菩提

【運命の鍵を握る人】愛染明王真言 | 人生を大きく開運へと導いてくれる運命の人との縁を授かれる最強の真言

待ち人来たり・運命の人・運命の赤い糸

 

密教の明王の一尊である愛染明王は、恋愛や結婚、縁結び、また、復縁に霊験を発揮する尊格です。

 

 

愛染明王とは

 

愛染明王は、密教における明王の一尊です。

 

梵名をラーガ・ラージャ、「愛欲の王」といった意味があります。

 

愛欲は、人々の心に生じる強い欲望や強欲、貪欲を指します。

 

恋愛や結婚、復縁、恋人やパートナーへの肉体的な欲求、物質的な執着や精神的な欲望などです。

 

そうした「愛欲」(愛染)を浄化し覚りへと導く明王です。

 

特に、不動明王や孔雀明王と並び、霊験や功徳、加持力によって守護し、私たちに多大な恩恵や福楽を与えてくださる、「運命」を大きく開運させ、幸福へ導く尊格です。

 

愛染明王(愛染明王)

 

浄化された人間の愛欲を尊格化した明王。金剛薩埵が姿を変えた仏とされ、金剛薩埵の17尊を眷属とする。愛欲の激しさを象徴する飽きろで、菩提心の堅固を表す燃える日輪を背にし、三目で六臂あるいは四臂。金剛杵(こんごうしょう)と鈴(れい)・弓矢・蓮華などをもつ。瑜祇経(ゆぎきょう)に基づいて画かれる。人をひきつけ救済する敬愛法の本尊となる。種子(しゅじ)は吽(うん)字の場合が多い。

 

「愛染明王」. 中村元.『仏教辞典苑』第 二 版. 岩波書店,2002,p.3.

 

愛染明王の功徳

 

愛染明王は、恋愛や結婚、縁結び、良縁・復縁、また出産などに功徳があるとされています。

 

以下のような「功徳」(未来に授かる神仏からの恩恵)、現世利益(げんぜりやく)を授かれるとされています。

 

● 恋愛成就や縁結び、復縁・結婚・良縁

 

● 縁結び・子孫繁栄・子授け(子宝)・安産など

 

● 悪病や難病、あらゆる災難を除く

 

● 財運・金運を高め、資産・財産を増やす

 

● 福楽や福徳を授かる

 

● 周囲から尊敬され愛される(敬愛)

 

● 怨敵退散、人間関係を良好へ導く

 

現世利益(げんぜりやく)

 

神仏の恩恵や信仰の功徳(くどく)が、現世における願望の実現として達成されること。

 

「現世利益」. 中村元.『仏教辞典苑』第 二 版. 岩波書店,2002,p.290.

 


愛染明王の霊験・功徳

 

愛染明王とは密教特有の憤怒相をした尊格です。

 

『金剛峯楼閣一切瑜珈瑜祇経』(瑜祇経)に由来します。

 

『金剛峯楼閣一切瑜珈瑜祇経』(瑜祇経)とは

 

※ 五部秘経の一つ。三部秘経(大日経・金剛頂経・蘇悉地経)、要略念誦経・瑜祇(ゆぎ)経。

 

※ 高野山真言宗総本山金剛峯寺の"金剛峯寺"という名称は、お大師様が唐から持ち帰ったこの経典から名付けられと伝えられています。

 

そのお姿は、獅子冠をかぶり3つの目と6本の腕をもちます。

 

非常に恐ろしいお姿をされています。

 

しかし、それは私たちの三毒(貪瞋痴)を昇華させ、正しい道へ導くためにです。

 

「愛染」とは、愛情と煩悩を意味します。愛染明王は、愛情や煩悩をコントロールすることで、悟り(真の幸せ)へ導いてくださる仏様です。

 

人を好きになったり、恋焦がれたり、愛することはとっても素晴らしいことですね。

 

しかし、その想いが強くなればなるほど…、やがて苦しみに変わります。

 

愛染明王真言には「煩悩即菩提」(ぼんのうそくぼだい)、つまり、その断ちがたい愛欲を無理に全否定し断ち切ってしまうのではなく、

 

正しい方向、ポジィティブなエネルギーに変え、真実の幸せに導く力を秘めています。

 

出合いや出会いは、大変ドラマチックです。

 

出会い巡り会えたその奇跡に心から感謝できる自分になる。

 

そうすると、魂がさらに成長し、豊かな人生をおくることができるようになるのではないでしょうか。

 

「運命の赤い糸」、それはお互いの魂を成長させるために巡り会う前世からずっとつながっている魂の絆。

 

煩悩即菩提(愛染明王)とは、「生死即涅槃」(不動明王)とともに大乗仏教の真髄を表している言葉です。

 

悟りを妨げる煩悩が菩提(悟りと)相即不二 (そうそくふに) であることをいいます。

 

つまり、煩悩を離れて菩提もなく、煩悩がそのまま悟りの縁となることをいいます。

 

ただし、だからといって煩悩を放っておいてよいということではありません。

 

瑜祇経(ゆぎきょう)

 

くわしくは〈金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経〉と題する密教経典。瑜伽はヨーガ行者を意味するサンスクリット語yoginの音写である。

 

唐の金剛智(こんごうち)に帰せられる2巻本の漢訳が現存するが、空海の「御請来目録」が不空訳と伝えていることもあって訳者には異説があり、さらには中国撰述の可能性もある。

 

「瑜祇経」. 中村元.『仏教辞典』第 二 版. 岩波書店,2002,p.1025.

霊験・功徳をさらに高める

愛染明王真言の霊験・功徳をさらに高め、現世利益を授かるためには、不動明王真言や孔雀明王真言など他の真言と一緒に唱えることで効果が倍増することがあります。

 

あくまでも私見ですが、諸尊の真言には、それぞれ陰陽五行のような「気」が内包されていると感じます。

 

陰陽五行には、相生(そうしょう)・相剋(そうこく)・比和(ひわ)といった互いに影響し合う法則が存在します。

 

真言もこれと同じで、互いに影響を及ぼし合っているように感じます。

 

 

■ 陰陽五行(おんようごぎょう)

 

相生(そうしょう)・相剋(そうこく)・比和(ひわ)

 

森羅万象、すべてには「律動」(周期的なリズム)が存在します。

 

古来から、そのリズムやバランスが乱れ崩れると、天変地異が起こるとされてきました。

 

そのことを我われの身近なことにたとえると、人間関係のトラブル、悩みや不安、借金や金銭問題、病気やけがや事故、訴訟や争い事など…あらゆる災厄が襲ってきます。

 

したがって、個人的には、こうしたいろいろな事柄や事象なども鑑みながら、真言(マントラ)を唱えるようにしています。

 

なぜなら、真言は「言霊」(ある特別な響きを秘めた波動=エネルギー)だからです。

関連記事・動画

”【運命の赤い糸】愛染明王真言 | 過去世・現在世・未来世にあらわれる「三人の運命の人」…”

 

 

 

 

”【運命の人、開運のキーパーソン】愛染明王(いろいろな縁を導いてくださる神秘の霊験を秘めた尊”

 

 

運命の人・三人の導き人「愛染明王真言」 #Shorts

 

 

【運命の赤い糸】愛染明王呪(真言・マントラ)の霊験・験力・効験、功徳(出会い・好機・チャンスなど)をあらためて強く確信!!