内観とは

内観とは、自分の過去の行動や経験を振り返り、自分の内面を客観的に見つめ直すことによって、自己理解を深める方法です。

 

また、自己観察や自己認識のプロセスをさす言葉です。自分の感情、思考、感覚、身体的な感触などに注意を向け、それらを客観的に観察することを意味します。

 

内観は、自己の内面を見つめることによって、自分の考え方や感情、行動を理解し、自己理解の深め、対人関係の改善、心身の健康増進、生きる喜びの回復など精神的な成長や心理的な安定に役立ちます。

 

内観によって、ポジティブな思考が身につくと新しい変化が生まれます。

 

 

内観による効果とは

 

「内観」の効果には、いろいろあります。

 

上手に活用することによって、対人トラブルを解決したり、未然に防いだり、回避したりすることができます。

 

そこで、内観の効果の主なものとして以下4つが挙げられます。

 

■ 内観の効果

 

● 感謝の気持ちの増加

 

● 自己成長の促進

 

※ 自分の思考パターンや行動パターンの癖に気づき、改善する。

 

● 対人関係の改善

 

※ 他者の立場に立って考えることで、相手の気持ちや考えを理解する。

 

● 心身の健康

 

※ ストレスや不安が解消され、心身が軽くなる。

 

 

内観を習慣化すると、周囲の人々に感謝の気持ちを抱きやすくなります。

 

また、自分の思考パターンや行動パターンを客観的に見つめ直すことで、自己成長につながります。

 

さらに、相手を理解する視点が身につくため、対人関係の改善が期待できます。ストレスや不安などの解消につながり、心身の健康が回復する効果もあります。

 

内観は、誰でも手軽にでます。悩みや苦しみから解放されたい、心身の健康を回復したいという方におすすめです。

 

そこで、次に内観をはじめる前の準備をご説明します。

 

内観を始める前の準備

内観を行うには、まず自分の内面を観察する時間環境を作ることからはじめます。

 

静かな場所を選び、目を閉じて、自分の呼吸に意識を向けます。

 

しばらくすると、集中力が高まり、気持ちがだんだんと穏やかになって、心が本来の落ち着きを取り戻します。

 

人によっては安らぎ幸福感に包まれる貴重な体験をすることもあります。

 

自分の心の中の汚れ、三毒(貪瞋痴)を浄化することも可能です。

 

怒りや憎しみ、嫉妬や執着、自己愛は知らないうちに肥大化します。

 

そして、負の感情となって心の奥底に積り、知らないうちに心の深い領域に蓄積され、常に悪い影響を及ぼします。

 

つまり、知らず知らずのうちに対人トラブルをはじめ、あらゆる災厄や不幸を無意識に自分で招くことになります。

 

内観は誰でも手軽に簡単に行うことができます。

 

特別な場所は必要ありません。

 

自宅などお好きな場所で、手軽に簡単にはじめることができます。

 

まずは、静かな場所を探してみることからはじめてみましょう。

 

 

 

AD

親があなたにしてくれたこと ~3つの問いかけで世界が変わる、「内観療法」入門 自分を知る練習 人生から不安が消える魔法の自己分析 お母さんにしてもらったことは何ですか?

 

 

 

 

 

 

累計30,000個以上を販売したベストセラー枕 『けんこう枕』が進化して登場

マインドフルネスとの違い

内観とよく似た瞑想にマインドフルネスがあります。

 

マインドフルネスとは、今この瞬間に起こっていることに注意を払い、判断や批判をせずに、ありのままを受け入れる心の状態です。

 

内観とマインドフルネスの違いは、以下のとおりです。

 

● 内観は、過去の行動や経験を振り返る。

 

● マインドフルネスは、今この瞬間に起こっていることに注意を払う。

 

● 内観は、自己理解を深めることを目的とする。

 

● マインドフルネスは、心の安定やストレス解消を目的とする。

 

内観は、マインドフルネスの一種とも言えますが、マインドフルネスよりも、過去の行動や経験を振り返ることに重点を置いています。

 

つまり、ありのままに自己の内面を見つめたり、観察するという点では非常に似ているように感じます。

 

ただし、まったく同じものではなく、両者の違いをあえて言えば、内観には自己反省のような己を省みるといった要素が含まれている点です。

 

自己を見つめ、自分の考え方や思想、また、言動などを深くかえりみて、反省や懴悔などをおこないます。

 

内観は、自分をよく見つめ、考え方や思想、また、言動などを深くかえりみて、反省や懴悔などをおこないます。

 

そうすることで、心の中が整理され、本来の「自分軸」がしっかりと定まります。

 

内観で人生が変わる/対人関係の改善、問題解決、生きる力、生かす力

 

彼を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず

 

敵のことをしっかりと把握し、また、自分のことをよくわきまえて戦えに臨めば、何度戦っても、勝利へ導くことができる。

 

どんな苦難や困難も、その原因をしっかりとつきとめ、自分のことを深く理解することで、逆境をチャンスに変えることができる。

 

『孫子』(中国古代の兵法書)

 

…≫ 詳細ページ