内観とは

■ 内観

 

内観とは、自分の意識やその状態に向き合い、観察することです。

 

自分の内面を見つめることによって、自己理解が深まり、心理的な変化に気づき、心の成長を促します。

 

内観の目的は、自己の心や思考、感情、感覚、身体的な感触などを客観的に観察することによって、自己の本質や心の変化やパターン、信念や信条、言動について深い洞察を得ることです。

 

また、内観は自己意識を高め、自己の思考や感情に気づき、それらを客観的に受け入れることを通じて、心の安定バランスを取る手段となります。

 

 

内観の実践による目的や効果とは

 

内観の実践による目的や効果にはいろいろとあります。

 

特に、内観をはじめるにあたり、目的=理由(なぜそれをおこなうのか)を明確にすることで、さらに内観の効果を実感しやすくなります。

 

内観の目的とは

 

例えば、内観の目的は心や思考、感情、感覚や身体的な感触などを客観的に観察することによって、自己の本質や心の変化、そのパターン、信念や信条、言動について深い洞察を得ることです。

 

また、内観は自己肯定感を高め、本来の自分の思考や感情に気づき、それらを客観的に受け入れて、心を安定させます。

 

内観の効果とは

 

内観の効果を要約すると下記の3点が挙げられます。

 

 

①自己の思考パターンや心の癖に気付くことができる。

 

②自己の感情や思考に対する受容や理解が深まる。

 

③ストレスや不安の軽減につながる。

 

 

さらに、柔軟な考え方、失敗を未然に防ぐ、成功へと導く思考パターン、また、自己の心の成長を促し、行動力や実行力が培われたり、自己の目標が明確になるなどです。

 

【参考】『生き方塾』(オンライン瞑想会)公式サイト(外部リンク)